【悲報】動物愛護団体が「チンパンジーに人間と同じ権利を与えろ!」と訴訟した結果wwww

【悲報】動物愛護団体が「チンパンジーに人間と同じ権利を与えろ!」と訴訟した結果wwww

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/06/13(火) 14:05:48.40 ID:xaii1cRK0● BE:878898748-PLT(16000) NG
アメリカニューヨークで少し変わった裁判が行われ、話題となっていた。
チンパンジーのトミーとキコの法律代理人がチンパンジーにも人間と同等の権利を要求すると提訴したのだ。

しかし、裁判所は「チンパンジーは法律上の義務を負わず、自らの行動に責任を問うことが不可能である。
このため、チンパンジーに人間と同じ権利を与えるのは難しい」と判決を言い渡した。

裁判の結果、原告の2匹のチンパンジーは完全に敗訴したのだ。当然の話だが、チンパンジーが
直説弁護士を選任したわけではない。

アメリカの動物愛護団体がトミーとキコの名前で出した代理訴訟だったのだ。この団体はチンパンジーと
人間の共通性を訴えていた。

チンパンジーも「人身保護令状」を請求する権利があると裁判所に令状請求を要求。「人身保護令状」は
不当に拘束されている人間を自由にするための制度だが、チンパンジーも不当に拘束されている場合は
自由にしてほしいというのが、動物愛護団体の主張。

これまでにも動物愛護団体の訴えは多かった。しかし今回のようにチンパンジーにも人間と同じ権利が
あるという主張は非常に異例だという。

動物愛護団体は「チンパンジーはモノではなく、法律上では人間と同等の存在」と主張に基づき、今回の訴訟のほか、
様々な訴訟を起こしてきたがいずれも棄却された。

現在、動物愛護団体とワイズ弁護士は今回の訴訟を上告するかどうかを検討中だという。

http://gogotsu.com/archives/30167

関連

引用元: http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1497330348

続きを読む

コメントは受け付けていません。