ドラマ初主演にハモリ披露…「山崎育三郎」から目が離せない


・先日の「あなそれ」に出演し絶唱シーンを披露した山崎育三郎

波瑠主演の人気ドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)の第8話が放送された6月6日夜

ドラマ冒頭では波瑠演じるヒロイン美都の母でスナックのママを務める麻生祐未と山崎が「渋谷で5時」をカラオケでデュエット。美しいハモリを披露

「山崎育三郎はダンス歌も上手いですよね」「山崎育三郎歌上手い(^p^)まじカッコイイ」「小田原さんの歌サイコー(*≧∇≦)ノノ一緒にカラオケ行きたい」と、放送直後からネット上でも大絶賛コメントが相次ぐ

・リリース記念イベントでも「あなそれ」の名台詞が

カバーアルバム第2弾『1936~your songs II~』(7日発売)のリリース記念イベントを開催し、ファン400人を魅了

「1936~your songs II~」は、第58回日本レコード大賞企画賞を受賞したカバーアルバム「1936~your songs~」に続く第2弾。

冒頭で山崎は「夜はお天道様が見ていないから」と、TBS系で放送されているドラマ「あなたのことはそれほど」で自身が演じる小田原真吾のセリフを披露し、会場を盛り上げる。

友人で歌舞伎俳優の尾上松也とデュエットした「夏の終りのハーモニー」の裏話や、中学生時代にバンドを組んでGLAYの「生きてく強さ」をコピーした秘話なども明かした。

・ミュージカル王子「山崎育三郎」とは?

1998年、12歳で初めてアルゴミュージカルに主演。以後、変声期を迎えるまで舞台・テレビなどに出演。

その後もさまざまなドラマに出演するなど活躍の場を広げており、現在公開中のディズニー映画『美女と野獣』日本語プレミアム吹き替え版の"野獣"役としても注目を集めている。

ミュージカルを中心に数多くの舞台へ出演し、"ミュージカル界のプリンス"といわれている。

2011年、舞台『嵐が丘』での共演をきっかけに交際し、昨年12月29日に結婚。今年2月に第1子妊娠を発表

▼Twitterでは絶賛コメントが相次いでいる

山崎育三郎めっちゃ歌上手い
ほんと好きだわ(笑)

山崎育三郎ってミュージカル俳優やったんかよ!歌上手いはずだわ

あなそれの山崎育三郎がこあい

あなそれで山崎育三郎にmonolith歌ってくれんかな←

・そんな彼のドラマ初主演作も近づいてきた

7月スタートのテレビ朝日系連続ドラマ「あいの結婚相談所」(金曜・後11時15分)でドラマ初主演を務める

コメントは受け付けていません。